日経平均は3日続伸も足踏み続く 米雇用統計前後でいってこい

カテゴリ:
2023.02.02NY-39.022023.02.02NAS+384.5







米国市場はまちまち。

2023.02.032023.02.03上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 27,509.46(+107.41)
始値 27,455.03
高値 27,612.57
安値 27,445.69

日経225先物 終値 27,490(+100)
始値 27,480
高値 27,600
安値 27,440
出来高 28,669枚


日経平均







































2.3日経平均は3日続急伸。
先物は90円GUで始まり、序盤は買いが先行。
連日足踏みしていた27,500円どころをあっさり上抜け、一時高値27,600円まで上げ幅を拡大。
しかし、上海開場後は失速し、いってこいの展開に。
それでも朝方の安値まであと一文のところでは踏み止まり、引けにかけては下げ渋って推移。
結局戻し切れずに27,500円どころに落ち着き、一進一退のまま取引を終了。
踏み上げ効果に期待しつつも、米雇用統計を控えていることもあり、案外意気地なく、終日短期回転が奏功。

本日の損益
デイ +110円(10枚)
ナイト +100円(10枚)

現在の資金
1,525,620,000円 (+2,100,000円)※手数料考慮せず

米FOMC通過 ナスダックは怒涛の巻き戻し騰勢に

カテゴリ:
2023.02.01NY+6.922023.02.01NAS+231.7







2.1米国市場は続伸。
米FOMCで市場通り0.25%の利上げにとどまり、パウエル議長も市場の楽観を強く牽制しなかったことから巻き戻し優勢の展開に。
特にナスダックは連日三桁の続急伸。ほぼ5ヵ月ぶりの高値水準を回復し、時間外でも騰勢が続いていた。

2023.02.022023.02.02上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 27,402.05(+55.17)
始値 27,453.67
高値 27,472.44
安値 27,338.43

日経225先物 終値 27,390(+80)
始値 27,400
高値 27,480
安値 27,320
出来高 30,645枚


日経平均






































2.2日経平均は小幅続伸。
先物は90円GUで始まるが、9時直後は棒下げ商状から上げ幅を急速に縮小。
一時安値27,320円まで突っ込む場面もあったが、間もなく切り返す展開に。
しかし、戻りも限定的。
午後には売り直されて朝方の安値を試す場面もあったが、引けにかけては下げ渋って推移。
結局本日のほぼ中央値水準で終えている。
売り崩しに期待したが、あっさり踏まれて早々に退散。

本日の損益
デイ -40円(10枚)

現在の資金
1,523,520,000円 (-400,000円)※手数料考慮せず

米FOMC前 日経平均は戻り売り優勢も押し切れずにほぼ変わらず

カテゴリ:
2023.01.31NY+368.92023.01.31NAS+190.7







米国市場は急反発。

2023.02.012023.02.01上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 27,346.88(+19.77)
始値 27,483.41
高値 27,547.67
安値 27,322.79

日経225先物 終値 27,310(+10)
始値 27,450
高値 27,520
安値 27,300
出来高 29,955枚

日経平均






































2.1日経平均は辛うじて小反発。
先物は110円GUで始まるが、一時高値27,520円をつけた刹那、失速。
序盤こそ高値圏を維持していたが、上海開場とともに上げ幅を急速に縮小。
後場早々にも一段安し、前日終値でもある一時安値27,300円まで突っ込む場面もあったが、引けにかけてはプラス圏を堅持。
米FOMC前でもあり、売り崩されるでもなく下値は限定的。
結局ほぼ変わらずで引けている。
終日売りスタンスだったが、異様な底堅さの前にほどほどで退散。

本日の損益
デイ +50円(10枚)
ナイト +80円(10枚)

現在の資金
1,523,920,000円 (+1,300,000円)※手数料考慮せず

ダウは連騰一服 日経平均も膠着感続く 

カテゴリ:
2023.01.30NY-260.92023.01.30NAS-227.9







米国市場は反落。
ダウは6連騰でストップし、7日ぶりに反落。

2023.01.312023.01.31上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 27,327.11(-106.29)
始値 27,458.56
高値 27,494.17
安値 27,302.22

日経225先物 終値 27,300(-70)
始値 27,410
高値 27,480
安値 27,280
出来高 29,394枚

日経平均




































1.31日経平均は3日ぶりに反落。
先物は小幅高で始まるが、序盤から狭いレンジで早々に膠着。
三角保ち合いの様相を呈していたが、後場からは下放れ。
引け前に一段安し、一時安値27,280円まで下げ幅を拡大する場面もあったが、イベントを控えて下値も限定的。
結局小幅安水準で終えている。
売り崩しに期待したが、あっさり踏まれて早々に退散。

本日の損益
デイ -30円(10枚)
ナイト +70円(10枚)

現在の資金
1,522,620,000円 (+400,000円)※手数料考慮せず

日経平均は連日足踏み ダウは辛うじて6連騰

カテゴリ:
2023.01.27NY+28.672023.01.27NAS+109.3







米国市場は続伸。
ダウは辛うじて6連騰

2023.01.302023.01.30上海






日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 27,433.40(+50.84)
始値 27,384.77
高値 27,486.42
安値 27,337.25

日経225先物 終値 27,370(+10)
始値 27,350
高値 27,460
安値 27,310
出来高 33,948枚


日経平均




































1.30日経平均は小幅続伸。
連日小動きながら1ヵ月半ぶりの高値水準を堅持。
先物は小幅安で始まるが、序盤は買いが先行。
プラス圏に浮上すると、棒上げ商状から一時高値27,460円まで上げ幅を拡大する場面もあったが、間もなく失速頭打ち。
春節休暇明けで上海市場の再開も相まって、再び戻りを試す場面もあったが、朝方の高値を顔合わせにとどまり、午後には売り直される展開に。
しかし、下値も朝方の安値で踏み止まると、結局小幅高水準で取引を終了。
今週は米FOMCや米雇用統計などの重要イベントを控えているだけに、足踏みが続いている。
終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ ±0円(10枚)

現在の資金
1,522,220,000円 (±0円)※手数料考慮せず

日経平均は小反発 一進一退続く

カテゴリ:
2023.01.26NY+205.52023.01.26NAS+199.0






米国市場は夫々上昇

2023.01.272023.01.20上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)休場

日経平均株価 終値 27,382.56(+19.81)
始値 27,428.41
高値 27,452.67
安値 27,326.91

日経225先物 終値 27,360(-20)
始値 27,410
高値 27,440
安値 27,300
出来高 24,307枚

日経平均



































1.27日経平均は小反発。
先物は小幅高で始まり、序盤は売り買いが交錯。
一時安値27300円まで下げ幅を拡大する場面もあったが
、間もなく切り返し、その後は狭いレンジで一進一退。
結局三角保ち合いのまま取引を終了。
売り崩しに踏み上げもなく、終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ ±0円(10枚)

現在の資金
1,522,220,000円 (±0円)※手数料考慮せず

日経平均は5日ぶりに小反落も大台堅持の値固め続く

カテゴリ:
2023.01.25NY+9.882023.01.25NAS-20.91







米国市場はまちまち

2023.01.262023.01.20上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)休場

日経平均株価 終値 27,362.75(-32.26)
始値 27,444.64
高値 27,502.15
安値 27,284.08

日経225先物 終値 27,380(+60)
始値 27,370
高値 27,490
安値 27,250
出来高 29,233枚

日経平均


































1.26日経平均は5日ぶりに小反落。
先物は小幅高で始まり9時直後こそ棒上げ商状から一時高値27,490円をつけるが、間もなく失速、頭打ち。
間もなくマイナスに転じるとじりじりと下げ幅を拡大。
午後には一段安し、一時安値27,250円まで突っ込む場面もあったが、引けにかけては下げ渋り、結局半値戻し水準で取引を終了。
売り崩しに期待したが、閑散に売りなし。
終日短期回転が奏功。

本日の損益
デイ +90円(10枚)

現在の資金
1,522,220,000円 (+900,000円)※手数料考慮せず

日経平均は巻き戻し騰勢続き4連騰

カテゴリ:
2023.01.24NY+104.42023.01.24NAS-30.14







米国市場はまちまち。
取引開始直後に取引が一時停止される障害が発生。
無事再開した後は、ダウは堅調に推移し3日続伸。
ナスダックは3日ぶりに反落だったが、時間外で急反発

2023.01.252023.01.20上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)休場

日経平均株価 終値 27,395.01(+95.82)
始値 27,175.88
高値 27,473.90
安値 27,175.88

日経225先物 終値 27,320(+50)
始値 27,140
高値 27,450
安値 27,130
出来高 40,257枚


日経平均


































1.25日経平均は4日続伸。
先物は130円GDで始まるが、間もなく棒上げ商状から下げ幅を急速に縮小。
あっさりプラス圏に浮上するが、序盤は前日終値を挟んで一進一退。
しかし、後場には再び棒上げ商状から一段高。
一時高値27,450円まで上げ幅を急速に拡大するが、引けにかけては伸び悩んで推移。
それでも終始堅調に推移し、結局本日の高値圏で終えている。
格好のカウンターだったが、値固め感も強く、ほどほどで退散。

本日の損益
デイ +140円(10枚)

現在の資金
1,521,320,000円 (+1,400,000円)※手数料考慮せず

日経平均は2万7千円回復から3日続急伸

カテゴリ:
2023.01.23NY+254.02023.01.23NAS+223.9








米国市場は続急伸

2023.01.242023.01.20上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)休場

日経平均株価 終値 27,299.19(+393.15)
始値 27,150.43
高値 27,381.00
安値 27,299.19

日経225先物 終値 27,270(+390)
始値 27,170
高値 27,360
安値 27,160
出来高 38,654枚

日経平均

































1.24日経平均は3日続急伸。2万7千円台を回復して上放れ。
先物は290円GUで始まり、序盤は狭いレンジで三角保ち合いの様相を呈していたが、午後にかけて保ち合いを上放れ。
後場早々にも一時高値27,360円まで上値を試す場面もあったが、引けにかけてhア伸び悩んで推移。
それでも終始堅調に推移し、結局本日の高値圏を維持して取引を終了。
終日買いスタンスだったが、踏み上げ効果も限定的で、刻みながらも、ほどほどで退散。

本日の損益
デイ +40円(10枚)

現在の資金
1,519,920,000円 (+400,000円)※手数料考慮せず

日経平均は続急伸も上値追いには逡巡 空中戦一服から高値揉み合いに終始

カテゴリ:
2023.01.20NY+330.92023.01.20NAS+288.1







米国市場は急反発

2023.01.232023.01.20上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)休場

日経平均株価 終値 26,906.04(+352.51)
始値 26,880.21
高値 26,938.28
安値 26,788.76

日経225先物 終値 26,880(+350)
始値 26,890
高値 26,910
安値 26,760
出来高 26,406枚

日経平均
































1.23日経平均は続急伸。
先物は360円GUで始まり、序盤こそ戻り売りが先行し、一時安値26,760円まで突っ込む場面もあったが、間もなく切り返し、下げ渋って推移。
上海市場が春節で休場の中、中盤は三角保ち合いの様相を呈していたが、後場からは保ち合いを上放れ。
しかし、上値追いにも意気地なく、結局朝方高値を辛うじて一文新値で上回り26,910円をつけながら、本日の高値圏で終えている。
踏み上げ効果に期待したが、空中戦も一服感。ほどほどで退散。

本日の損益
デイ +20円(10枚)

現在の資金
1,519,520,000円 (+200,000円)※手数料考慮せず

日経平均は終日巻き戻し優勢から高値引け

カテゴリ:
2023.01.19NY-252.42023.01.19NAS-104.7







米国市場は続急落

2023.01.202023.01.20上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 26,553.53(+148.30)
始値 26,346.69
高値 26,553.53
安値 26,320.96

日経225先物 終値 26,530(+190)
始値 26,320
高値 26,540
安値 26,280
出来高 30,432枚

日経平均
































1.20日経平均は指数が高値引けの急反発。
先物は小幅安で始まるが、間もなく棒上げ商状から上げ幅を急速に拡大。
午後からも騰勢は衰えず、断続的な巻き戻し優勢の展開で一本調子に上昇。
上海市場も中国が明日から春節休暇入りながら堅調に推移。
前日高値には及ばず上値追いに逡巡する場面もあったが、結局引けにかけて一段高。
一時高値26,540円をつけながらほぼ高値引けで終えている。
終日買いスタンスが奏功。

本日の損益
デイ +210円(10枚)

現在の資金
1,519,320,000円 (+2,100,000円)※手数料考慮せず

日経平均は3日ぶりに反落 戻り売り優勢も下値限定的

カテゴリ:
2023.01.18NY-613.82023.01.18NAS-138.1







米国市場は夫々下落

2023.01.192023.01.19上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 26,405.23(-385.89)
始値 26,541.08
高値 26,592.87
安値 26,368.97

日経225先物 終値 26,340(-390)
始値 26,470
高値 26,570
安値 26,330
出来高 33,815枚


日経平均































1.19日経平均は3日ぶりに急反落。
先物は260円GDで始まり、序盤こそ、売り買いが交錯しながらも一時高値26,570円まで下げ幅を縮小するが、間もなく失速。
朝方は三角保ち合いの様相を呈していたが、円高進行も相まって午後にかけて保ち合いを下放れし一段安。
一時安値26,330円まで下げ幅を拡大する場面もあったが、終盤は下げ渋って推移。
しかし、戻りも鈍く引けにかけて売り直されて、結局ほぼ安値引けで終えている。
終日売りスタンスだったが、あっさり踏まれて早々に退散。

本日の損益
デイ +50円(10枚)

現在の資金
1,517,220,000円 (+500,000円)※手数料考慮せず

日銀発表からの空中戦 現状維持に一斉ショートカバー

カテゴリ:
2023.01.17NY-391.72023.01.17NAS+15.96







米国市場はまちまち

2023.01.182023.01.18上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 26,791.12(+652.44)
始値 25,251.34
高値 26,816.68
安値 26,211.84

日経225先物 終値 26,730(+590)
始値 26,210
高値 26,920
安値 26,180
出来高 63,148枚


日経平均

























































1.18日経平均は続急伸。
先物は小幅高で始まり、序盤は日銀金融政策決定会合の結果発表を控えて一進一退。
しかし、通常よりもやや早く11:40の発表で、棒上げ商状から上げ幅を急速に拡大。
一時高値26,920円まで巻き戻される場面もあったが、連続大台替わりまでは意気地がない。
2万7千円目前で失速すると、その後は三角保ち合いの様相を呈し、結局高値揉み合いのまま取引を終了している。

1.18日銀は現状維持を決定し、YCCの上限幅も変更しなかった為、一気にショートカバーされた格好に。
為替はドル円が一時131円台まで突っ込む場面もあったが、結局127円台に収束するいっこい。
現状維持予想ながらも、米FRBとは対照的に日銀は前回のようにサプライズで決定してくる傾向が強かっただけに、YCC上限幅変更や撤廃観測を改めて一蹴した格好に。
2016年4月の日銀ショック同様に催促相場には悠然と現状維持を決定しつつも絶好のデイトレ機会がもたらされるのは今も変わらない。
出口が意識された現実に変わりはなく、会見でも政策変更に含みをもたせた発言があっただけに、もう一波乱に期待したいところ。
高安幅は実に740円に及び、終日買いスタンスだったものの、空中戦も短期回転が奏功。

本日の損益
デイ +250円(10枚)

現在の資金
1,516,720,000円 (+2,500,000円)※手数料考慮せず

日銀発表前に売り崩し一服感 ポジション調整か

カテゴリ:
米国市場はキング牧師生誕記念日の祝日で休場

2023.01.172023.01.17上海






日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 26,138.68(+316.36)
始値 25,915.51
高値 26,198.69
安値 25,895.30

日経225先物 終値 26,140(+370)
始値 25,900
高値 26,170
安値 25,850
出来高 34,715枚

日経平均























































1.17日経平均は3日ぶりに急反発。
先物は130円GUで始まり、間もなく棒上げ商状から上げ幅を急速に拡大。
しかし、一時高値26,170円をつけた後、上海開場とともに失速。
一転して狭いレンジの膠着展開に。
それでも戻り売りは限定的で、終始堅調に推移。
結局、本日の高値圏を維持して終えている。
日銀の金融政策決定会合を控え、思惑が先行。
10年債利回りは0.5%の上限突破したこともあり、YCC上限幅拡大やYCCそのものの撤廃を催促する動きが続いていたが、売り方もポジション調整か。
売り崩しも一服感。嵐の前の静寂続く。
踏み上げ効果に期待したが、終日短期回転が奏功。

本日の損益
デイ +160円(10枚)

現在の資金
1,514,220,000円 (+1,600,000円)※手数料考慮せず

嵐の前の静寂 日銀と投機筋の攻防の行方

カテゴリ:
2023.01.13NY+112.62023.01.13NAS+78.05






米国市場は続急伸

2023.01.162023.01.16上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 25,822.32(-297.20)
始値 25,836.67
高値 25,938.04
安値 25,748.10

日経225先物 終値 25,760(-320)
始値 25,790
高値 25,910
安値 25,710
出来高 22,615枚

日経平均






















































1.16日経平均は続急落。
先物は290円GDで始まり、序盤から激しく売り買いが交錯。
一時安値25,710円まで突っ込むと、一転一時高値25,910円まで往来。
しかし、早々に高安値をつけ三角保ち合いの様相を呈する展開に。
午後には下値を試す場面もあったが、結局押し切れず、保ち合いを放れないまま取引を終了。
日銀の空前の国債買い支えに対して、YCC撤廃を見越した外国人投資家の投機が勢いを増し、10年債は上限突破する中、嵐の静寂か。
手薬煉引いてチャンスを待ちたいところだが、イベント待ちに織り込む動きは限定的。
終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ ±0円(10枚)

現在の資金
1,512,620,000円 (+2,800,000円)※手数料考慮せず

日銀の追加決定を織り込む動きも下値限定的 6日ぶりの反落

2023.01.12NY+216.92023.01.12NAS+69.43







米国市場は続急伸。
為替はドル円で7ヵ月ぶりの円高水準となる一時128円台に突っ込む場面も


2023.01.132023.01.13上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 26,119.52(-330.30)
始値 26,391.78
高値 26,409.21
安値 26,090.84

日経225先物 終値 26,080(-290)
始値 26,200
高値 26,350
安値 26,060
出来高 42,477枚

日経平均






















































1.13日経平均は6日ぶりに反落。
先物は170円GDで始まるが、序盤は買戻しが先行。
しかし、戻りは限定的で、一時高値26,350円まで下げ幅を縮小するが、その後は一転して売り直される展開に。
棒下げ商状から一気に一時安値26,060円まで突っ込む大往来。
寄与度の高いファーストリテイリング(9983)だけでも200円以上を押し下げる格好に。
指数は午後には下げ渋って推移するものの、結局売り戻されて、ほぼ安値引けで終えている。
下値こそ限定的だったが、終日売りスタンスが奏功。

相場のターニングポイントでは戦略がやはりものをいう。
更なる日銀の出口戦略への思惑からか、長期金利は日銀がYCCの上限を拡大した0.5%を一時上回る場面もあり、いよいよ債券売りに仕掛けが入り始めた格好に。
日銀の追加決定を織り込みに行っているのか、外国人投資家の投機が入ればそれもまた格好のトレードの機会となるか。
次回の日銀金融政策決定会合を来週に控える中、果たしていつ10年ぶりの巻き戻し相場へ突入するのか、もう一波乱に期待したいところ。

本日の損益
デイ +110円(10枚)
ナイト +170円(10枚)

現在の資金
1,512,620,000円 (+2,800,000円)※手数料考慮せず

米CPI前は朝高から小動き 発表後は思惑先行一服感

カテゴリ:
2023.01.11NY+268.92023.01.11NAS+189.0







米国市場は続急伸
2023.01.122023.01.12上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 26,449.82(+3.82)
始値 26,524.94
高値 26,547.61
安値 26,381.93

日経225先物 終値 26,370(-40)
始値 26,500
高値 26,510
安値 26,340
出来高 26,663枚

日経平均






















































1.12日経平均は辛うじて5日続伸。
先物は90円GUで始まり、9時直後こそ一時高値26,510円をつけるが、その刹那、失速。
ほぼ寄り天の棒下げ商状から上げ幅を急速に縮小。
あっさりマイナスに転じて一時安値26,340円まで突っ込む場面もあったが、その後は下げ渋って推移。
しかし、米CPIや明日にオプションSQを控えていたこともあり、狭いレンジで膠着。
結局戻し切れず、朝高しただけでイニシャルレンジ内のまま本日の安値圏で取引を終了している。
ナイトに入っては、指標発表後に乱高下、新戦略が奏功した格好だが、ボラは思いのほか大きくなく、ほどほどで退散。

本日の損益
デイ  ±0円(10枚)
ナイト +170円(10枚)

現在の資金
1,509,820,000円 (+1,700,000円)※手数料考慮せず

日経平均は4日続急伸 巻き戻し先行も米CPI前に高値揉み合い

カテゴリ:
2023.01.10NY+186.42023.01.10NAS+106.9






米国市場は夫々上昇

225f-2023.01.112023.01.11上海

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 26,446.00(+270.44)
始値 26,362.21
高値 26,479.99
安値 26,332.05

日経225先物 終値 26,410(+250)
始値 26,310
高値 26,450
安値 26,290
出来高 27,092枚

日経平均



















































1.11日経平均は4日続急伸。
先物は150円GUで始まり、序盤から買いが優勢の展開に。
じりじりと下げは拡大するが、一時高値26,450円で失速頭打ち。
上海開場とともに一転して戻り売り優勢となるも押しは限定的で、午後は狭いレンジで膠着。
三角保ち合いの様相を呈していたが、それでも終始堅調に推移し、結局本日の高値圏を維持して取引を終了。
米CPI発表を控えているが、上値追いも限定的。
終日ほぼ手控えだった。
前回より更に減速すれば米FRBの出口戦略もいよいよ終盤だと再び過度な楽観に傾いてしまうのか。
はたまたもう波乱あるか、いずれにしても絶好のデイトレ日和になるに違いなく、大いなる潮流に期待したい。

本日の損益
デイ ±0円(10枚)

現在の資金
1,508,120,000円 (±0円)※手数料考慮せず

正月休暇明け 続急伸からの格好の噴値売りも早々に一服感

カテゴリ:
2023.01.06NY+700.52023.01.06NAS+264.0

2023.01.09NY-112.92023.01.09NAS+66.36







米国市場は反落。
一時千ドル超高、ナスダックも2%超高まで噴き上がる場面もあったが、引けにかけては押し戻された格好に

1.102023.01.10上海

日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 26,175.56(+201.71)
始値 26,176.61
高値 26,316.66
安値 26,132.80

日経225先物 終値 26,140(+210)
始値 26,200
高値 26,290
安値 26,080
出来高 29,545枚

日経平均




















































1.10日経平均は3日続急伸。
先物は270円GUで始まり、序盤こそ棒上げ商状から買いが先行するが、間もなく失速。
一時高値26,290円をつけた刹那、頭打ちとなると戻り売り優勢の展開に。
一時安値26,080円まで突っ込む場面もあったが、引けにかけては下げ渋って推移。
それでも結局戻し切れず本日の安値圏で終えている。
正月休暇も明けて想定通りの噴値売り。
しかし、早々に一服感。
手薬煉引いてチャンスを待ちたいところだったが、異様な底堅さの前にほどほどにして退散。

本日の損益
デイ +70円(10枚)

現在の資金
1,508,120,000円 (+700,000円)※手数料考慮せず

大納会 日経平均は4年ぶりの年足陰線引け

カテゴリ:
2022.12.29NY+345.02022.12.29NAS+264.8

米国市場は反発

2022.12.302022.12.30上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 26,094.50(+0.83)
始値 26,288.00
高値 26,321.37
安値 26,067.92

日経225先物 終値 25,990(+10)
始値 26,190
高値 26,280
安値 25,980
出来高 27,284枚

日経平均

12.30日経平均は小反発。
先物は210円GUで始まり、買いが先行。
9時直後こそ棒上げ商状となるが、一時高値26,280円をつけた刹那、失速。
中終盤にかけては上下にいってこいの展開に。
それでも2万6千円の大台は辛うじて維持していたものの、結局に引け前に一段安。
一時安値25,980円をつけながらほぼ安値引けで終えている。
終日ほぼ手控えだった。

12.30本日は大納会。
岸田首相が出席し、自らクロージングベルの叩く一幕も。
また、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の脚本を担当した三谷幸喜氏は来年の干支である兎を引き合いに、兎のように危機管理能力を高く持って新たらしい未来へ進んでいきたいと抱負を述べている。
まさにこの生き馬の目を抜くような株式市場では実に大切なことでもある。

今年は2月24日のロシアによるウクライナ侵攻によるエネルギー価格の高騰からインフレを招き、米FRBによる利上げによるリセッション懸念に翻弄される相場展開が続いた。
年末には土壇場で日銀が政策転換。
クリスマス休暇入りの間隙を縫ったサプライズで思わぬ大盛況となる場面も。
年初から実に3千円超下げての終了だが、2018年以来となる4年ぶりに年足ベースでの下げとなった。

掉尾の一振こそなかったが、逆に期待通り、年末ぎりぎりまで一波乱あっての大納会。
それでもセリングクライマックスには程遠い。

下手ながら今年も何とか生き抜いてこられたことに感謝。
戦略の重要性を改めて痛感させられた年でもある。
しかし、適切な戦略さえあれば絶好のパフォーマンスが期待できる。
地政学的リスクが燻る中、来年もまた躍動の年となることを期待したい。

本日の損益
デイ +180円(10枚)

現在の資金
1,507,420,000円 (+1,800,000円)※手数料考慮せず

ナスダックが年初来安値更新 日経平均は2万6千円割れも下値限定的

カテゴリ:
2022.12.28NY-365.82022.12.28NAS-139.9







米国市場は夫々下落。
ナスダックは年初来安値を更新

2022.12.292022.12.29上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 26,093.67(-246.83)
始値 26,074.90
高値 26,126.70
安値 25,953.92

日経225先物 終値 25,980(-250)
始値 26,030
高値 26,090
安値 25,890
出来高 32,358枚
日経平均

























































12.29日経平均は反落。
先物は200円GDで始まり、間もなく棒下げ商状から下げ幅を急速に拡大。
早々に大台の2万6千円を割り込み、一時安値25,890円まで突っ込む場面もあったが、午後からは下げ渋って推移。
しかし、巻き戻しは限定的で、結局大台を挟んだ狭いレンジで膠着したまま取引を終了。
配当権利落ちでの手仕舞い売りも限定的。連日一進一退の小動きは変わらず。
終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ +60円(10枚)

現在の資金
1,505,620,000円 (+600,000円)※手数料考慮せず

日経平均は連日写真相場の如く小動き

カテゴリ:
2022.12.27NY+37.632022.12.27NAS-144.6

米国市場はまちまち

2022.12.282022.12.28上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 26,340.50(-107.37)
始値 26,309.34
高値 26,354.27
安値 26,199.67

日経225先物 終値 26,210(-150)
始値 26,250
高値 26,290
安値 26,120
出来高 26,210枚

日経平均


12.28日経平均は3日ぶりに反落。
先物は110円GDで始まり、序盤こそ棒上げ商状となるも、一時高値26,290円で失速。
イニシャルレンジで早々に決着し、その後は三角保ち合いの様相に。
連日写真相場の如く、結局膠着展開のまま中央値付近で終えている。
終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ +30円(10枚)

現在の資金
1,505,020,000円 (+300,000円)※手数料考慮せず

クリスマス休暇明け 買い先行も押し戻し続く

カテゴリ:
米国市場は休場
クリスマスの振り替え休場。

2022.12.272022.12.27上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 26,447.87(+42.00)
始値 26,570.78
高値 26,620.49
安値 26,447.87

日経225先物 終値 26,360(-10)
始値 26,430
高値 26,560
安値 26,350
出来高 21,510枚

日経平均























































12.27日経平均は僅かに続伸。
先物は小幅高で始まり、寄り付き直後こそ買いが先行するも、間もなく一時高値26,560円で失速し頭打ち。
中盤にかけて三角保ち合いの様相を呈していたが、引け前には僅かに一段安。
一時安値26,350円に突っ込みながらほぼ安値引けで終えている。
クリスマス休暇明けだが、戻し切れずにじり安続く。
終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ -30円(10枚)

現在の資金
1,504,720,000円 (-300,000円)※手数料考慮せず

クリスマス休暇で閑散小動き続く

カテゴリ:
2022.12.23NY+176.42022.12.23NAS+21.74


米国市場は反発

2022.12.262022.12.26上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 26,405.87(+170.62)
始値 26,299.54
高値 26,438.65
安値 26,294.85

日経225先物 終値 26,370(+220)
始値 26,210
高値 26,380
安値 26,180
出来高 16,599枚

日経平均























































12.26日経平均は反発。
先物は小幅高で始まり、間もなく棒上げ商状から上げ幅を急速に拡大するが、
一時高値26,380円をつけた刹那、失速。
いってこいの展開となるが、下値も限定的で、午後には降ったあび上値を試す場面も。
指数は朝方の高値には及ばなかったものの、結局本日の高値圏を維持して取引を終了。
終日短期回転が奏功。

本日の損益
デイ +90円(10枚)

現在の資金
1,505,020,000円 (+900,000円)※手数料考慮せず

クリスマス休暇入り 日経平均は閑散で売り崩しは限定的

カテゴリ:
2022.12.22NY-348.92022.12.22NAS-233.2


米国市場は急反落。
ダウは一時800ドル超安まで突っ込む場面も

2022.12.232022.12.23上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 26,235.25(-272.62)
始値 26,207.77
高値 26,291.98
安値 26,106.38

日経225先物 終値 26,150(-290)
始値 26,120
高値 26,220
安値 26,030
出来高 33,172枚




日経平均





















































12.23日経平均は反落。
2ヵ月ぶりの安値水準。
先物は320円GDで始まるが、寄り付き直後から売り買いが交錯。
一時安値26,030円まで突っ込む場面もあったが、大台は堅持され、上海開場後は下げ渋る展開に。
午後早々にも朝方の高値を上回り、一時高値26,220円まで買い戻される場面もあったが、引けにかけては伸び悩んで推移。
結局ほぼ寄り付き水準のまま取引を終了。
クリスマス前で閑散に売りなし。
終日ほぼ手控えだった。


本日の損益
デイ +30円(10枚)

現在の資金
1,504,120,000円 (+300,000円)※手数料考慮せず

このページのトップヘ

見出し画像
×