カテゴリ:

2011.07.22NY-43.252011.07.22NAS+24.40






米国市場はまちまち。

7.24 オバマ米大統領とベイナー米下院議長日本の本日明け方頃には決着がつくかと踏んでいたが、まるで進展なし。
日本だけでなく、あちらもねじれ議会で大変そうだ。
7月25日、オバマ大統領とベイナー米下院議長が物別れ。デフォルト回避の為、妥協案の協議を続けたが合意に至らず。結論ありきのこの問題でいつまでも何やってるんだか。

f8dd9eac.gif 9f9ad192.png
日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     10,050.01 (-82.10)
日経225先物 終値    10,050 (-90)

日経平均は反落。
先物は60円GDで始まり、安値圏でヨコヨコの展開。
午後から下げ幅を拡大する場面もあったが、一文だけで売り崩しまではない。

米国債のデフォルトはない、何とか乗り切る、と言う楽観論がまだマーケットを占めているようで、大きな動きはまるでなしで拍子抜け。
債務上限引き上げはさすがに通ったとしても、財政赤字の根本的な解決は先送りにしていることに変わりはない。
長期的な見通しで安心できない以上、米債格下げは避けられなさそう。
戦略上、大損はありえないのでこれまで通りのスタンスで問題ないだろうが、売り崩しがそろそろないとアク抜けできない。
為替はドル円で4ヵ月ぶりの円高水準まで動いたが、米債格下げとなればさらに過去最高の円高76.25円が意識される。
この状況で日経の下落は小幅にとどまっていてるのが不気味。
逆にリバ先行を見込んだが、買いも売りも不発でさっさと退散。
出来高が2万枚台が続いているので短期回転に限る。
やれやれ。先物ブログ

本日の損益
デイ -30円(5枚)
寄り引け  売り +30円(1枚)

現在の資金
260,810,000円 (-120,000円)※手数料考慮せず