アーカイブ

2021年06月

格好の噴き値売りも下値限定的 日経平均は大台2万9千円で頭打ち失速

カテゴリ:
2021.06.29NY+9.022021.06.29NAS+27.83







米国市場は夫々上昇。
ナスダックとS&P500は連日で過去最高値を更新中。

2021.06.302021.06.30上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 28,791.53(-21.08)
始値 28,896.31
高値 28,998.99
安値 28,779.76

日経225先物 終値 28,750(-10)
始値 28,820
高値 29,000
安値 28,740
出来高 21,171枚

日経平均








6.30日経平均は小幅に続落。
先物は小幅高で始まり、序盤こそ上げ幅を拡大する場面もあったが、間もなく失速。
一時高値は大台29,000円で頭打ち。タッチした刹那、急速に上げ幅を縮小した。
中盤下げ渋る場面もあったが、結局引けにかけて売り直され、一時安値28,740円まで突っ込みながら、ほぼ安値引けで終えている。
朝方の往来から格好の噴き値売りの展開に。
手薬煉引いて待っていた甲斐があったというものの、下値は限定的。
異様な底堅さに辟易しつつも、頭と尻尾はくれてやりながら、終日売りスタンスが奏功した。

本日の損益
デイ +190円(10枚)

現在の資金
1,045,820,000円 (+1,900,000円)※手数料考慮せず

日経平均は戻り売り優勢もイニシャルレンジで早々に膠着

カテゴリ:
2021.06.28NY-150.52021.06.28NAS+140.1







米国市場はまちまち。

2021.06.292021.06.29上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 28,812.61(-235.41)
始値 28,927.44
高値 28,951.68
安値 28,735.55

日経225先物 終値 28,760(-190)
始値 28,900
高値 28,930
安値 28,700
出来高 21,187枚

日経平均













6.29日経平均は続落。
先物は小幅安で始まるが、間もなく棒下げ商状から下げ幅を拡大。
一時安値28,700円まで突っ込むも、その後は三角保ち合いの展開に。
9時直後の僅か5分でつけた高安幅で早々に底打ち。
結局イニシャルレンジを抜けきれないまま本日の安値圏で引けている。
終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ +50円(10枚)

現在の資金
1,043,920,000円 (+500,000円)※手数料考慮せず

日経平均は小動き続く 閑散に売りなし

カテゴリ:
2021.06.25NY+237.02021.06.25NAS-9.32







米国市場はまちまち。

2021.06.282021.06.25上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 29,048.02(-18.16)
始値 29,112.66
高値 29,121.28
安値 28,984.93

日経225先物 終値 28,950(-90)
始値 29,000
高値 29,080
安値 28,950
出来高 14,562枚

日経平均












6.28日経平均は小反落。
先物は小幅安で始まり、序盤こそ戻り売りが先行するも、間もなく底打ち。
前日同様に終始小動きだったが、午後にはじり安展開に。
朝方早々にも一時安値28,950円まで突っ込むも結局底堅く推移し、ヨコヨコのまま取引を終了。
終日売りスタンスだったが、閑散に売りなし。早々に退散。

本日の損益
デイ +40円(10枚)

現在の資金
1,043,420,000円 (+400,000円)※手数料考慮せず

日経平均は2万9千円台を回復も終始小動き

カテゴリ:
2021.06.24NY+322.52021.06.24NAS+97.98








米国市場は夫々上昇。
ナスダックは連日で過去最高値を更新。S&P500も6月15日以来となる更新。
2兆ドルのインフラ投資法案が一部成立か。
難航していた一部は棚上げ、1.2兆ドル分は超党派で合意にこぎつけ成立の見通しとの報が伝わるとアク抜け商状の展開に。
当初の大統領発表時に既に織り込まれていたものだが、需要の先食い感が強い。
2021.06.252021.06.25上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 29,066.18(+190.95)
始値 29,137.30    
高値 29,174.17
安値 28,992.74

日経225先物 終値 29,040(+240)
始値 29,020
高値 29,120
安値 28,940
出来高 19,614枚

日経平均




























6.25日経平均は続伸。
先物は200円GUで始まるが、終始小動きの展開に。
寄り付き直後こそ、上値を試す場面もあったが、序盤は戻り売り優勢の展開に。
一時安値28,940円まで上げ幅を縮小するも、上海開場とともに下げ渋り、2万9千円台を再び回復。
しかし、その後の上値追いの騰勢は鈍く、結局狭いレンジでのヨコヨコのまま取引を終了。
終日売りスタンスだったが、ほどほどで退散。

本日の損益
デイ +100円(10枚)

現在の資金
1,043,020,000円 (+1,000,000円)※手数料考慮せず

日経平均はほぼ変わらず引け 前日終値を挟んで終日小動き

カテゴリ:
2021.06.23NY-71.342021.06.23NAS+18.46








米国市場はまちまち。
2021.06.242021.06.24上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 28,875.23(+0.34)
始値 28,811.82    
高値 28,935.34
安値 28,758.37

日経225先物 終値 28,800(-10)
始値 28,770
高値 28,900
安値 28,710
出来高 14,925枚

日経平均












6.24日経平均はほぼ変わらずのわずかに小反発。
先物は小幅安で始まり、序盤は買いが先行し、上げ幅を拡大。
一時高値28,900円まで値を伸ばすが、前日同様に2万9千円の大台前に逡巡。
午後は伸び悩んで推移し、引けにかけて上げ幅を縮小。
終盤も辛うじて高値圏を維持していたものの、結局朝方の水準まで売り戻されてほぼいってこいで取引を終了。
終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ +20円(10枚)

現在の資金
1,042,020,000円 (+200,000円)※手数料考慮せず

日経平均は小康を得て一服

カテゴリ:
2021.06.22NY+68.612021.06.22NAS+111.7







6.22p米国市場は続伸。
米FRBパウエル議長の議会証言での発言後に小康を得た格好。
市場への配慮した発言が奏功したのか、将来的な利上げ懸念をすっかり棚上げされ、楽観ムードが再び台頭しそうだが。
資産買い入れ縮小については確定事項となり、遅かれ早かれ利上げ実施となることには変わりないにもかかわらず、ジャクソンホール後の需要を早くも先食い状態。
5.23ショック後の流れを踏襲するのか如何。
米10年債利回りへ上昇圧力懸念はすっかりなりをひそめて、ナスダックは6日ぶりに過去最高値を更新している。
2021.06.232021.06.23上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 28,874.89(-9.24)
始値 28,886.92    
高値 29,007.83
安値 28,860.06

日経225先物 終値 28,810(+60)
始値 28,880
高値 28,970
安値 28,810
出来高 22,876枚

日経平均










6.23日経平均は小反落。
先物は小幅安で始まり、序盤こそ売り買いが交錯したものの、2万9千円を前に逡巡。
一時高値28,970円で頭打ちとなると、間もなく騰勢は失速。
上海開場後には一時安値28,810円まで突っ込むも、間もなく下げ渋って推移。
午後からは戻りを試す動きもなく、極狭レンジで膠着展開に。
益々ボラティリティは低調に。
終盤やや下げ幅を拡大するが、結局朝方の安値に顔合わせての安値引けで終えている。
終日売りスタンスだったが、異様な底堅さの前に、あっさり踏まれて早々に退散。

本日の損益
デイ -70円(10枚)

現在の資金
1,041,820,000円 (-700,000円)※手数料考慮せず

日経平均は急反発し前日の急落分の大半を即日埋め戻し

カテゴリ:
2021.06.21NY+586.82021.06.21NAS+111.1







米国市場は夫々上昇。
ダウは600ドル弱の急反発。前日の急落分を埋め戻した格好に。
2021.06.222021.06.22上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 28,884.13(+873.20)
始値 28,513.07    
高値 28,895.26
安値 28,494.46

日経225先物 終値 28,750(+730)
始値 28,700
高値 28,850
安値 28,490
出来高 42,012枚

日経平均












6.22日経平均は急反発。こちらも前日の急落分をほぼ埋め戻している。
先物はナイトから埋め戻しが加速していた為、680円GUスタート。
序盤こそ売り買いが交錯し、一時安値28,490円まで上げ幅を縮小する場面もあったが、再び巻き戻し騰勢に。
上海が始まると更に一段高となるが、午後からは一転して膠着した。
高値揉み合いの展開となるが、一時高値28,850円を限界に頭打ち。結局そのままヨコヨコで引けている。
前日に遂に日銀買いが入ったことでTOPIX2%安ルールが確立してしまっており、やや早まった感がある。
異様な底堅さもあって踏み上げ効果にも期待したが、米FRBパウエル議長の議会証言待ちムードもあってか、ほどほどで退散。

本日の損益
デイ +160円(10枚)

現在の資金
1,042,520,000円 (+1,600,000円)※手数料考慮せず

日経平均は一時千円超の突っ込み安 ガンマヘッジ巻き込む2万8千円割れ

カテゴリ:
2021.06.18NY-533.32021.06.18NAS-130.9







6.186.18米国市場はまちまち。
ダウは500ドル超安の5日続急落。
先日の調整でも限定的だった早期正常化への思惑は、米セントルイス連銀のブラード総裁が2022年下旬での利上げ開始を予測する発言も相まって、駄目押しの展開に。将来的な利上げが分かっていながらも、なおゴルディロックス相場に慣れ切っていた市場において売り方には格好の口実に。

2021.06.212021.06.21上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 28,010.93(-953.15)
始値 28,506.84    
高値 28,506.84
安値 27,795.86

日経225先物 終値 28,020(-910)
始値 28,480
高値 28,480
安値 27,720
出来高 67,550枚

日経平均

























6.21日経平均は一時千円超安の続急落。指数の下落率は3.29%に及んだ。
先物は450円GDで始まり、棒下げ商状から下げ幅を急速に拡大。序盤は2万8千円割れ寸前で持ち直す場面もあったが、上海が始まると再び売り直され一段安。

2万8千円を挟んでガンマヘッジを巻き込みながら売りに拍車がかかると、駄目押しの底抜け展開に。
朝方だけで一時安値27,720円まで突っ込む場面もあったが、現物後場が始まると急速に下げ渋って推移。
さすがにTOPIX安2.5%を超えてくると日銀買いも警戒される中で、午後は戻りを試すも上値は限定的。
下げ幅を縮小しながらも辛うじて2万8千円を回復して取引を終了。
まさに垂涎の値動きで絶好のデイトレ日和。
相変わらず下手ながら頭と尻尾をくれてやり何とか及第点。
終日売りスタンスだったが、短期回転が奏功。

本日の損益
デイ +230円(20枚)増し玉合算

現在の資金
1,040,920,000円 (+4,600,000円)※手数料考慮せず

日米中銀イベント通過で干天の慈雨に一服感

カテゴリ:
2021.06.17NY-210.22021.06.17NAS+121.6







米国市場はまちまち。
ダウが400ドル超の突っ込み安から下げ渋ったものの、4日続落。
他方でナスダックは反発し、明暗を分けた。

2021.06.182021.06.18上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 28,964.08(-54.25)
始値 29,136.74    
高値 29,136.74
安値 28,957.98

日経225先物 終値 28,930(-70)
始値 29,170
高値 29,180
安値 28,910
出来高 18,657枚

2021.05.13-2021.06.18
























6.186.18日経平均は続落。
先物は170円GUで始まるが、ほぼ寄り天から上げ幅を急速に縮小。
朝方こそ日銀記入政策決定会合の結果待ちの中で、大台の2万9千円を維持するように底堅く推移。
日銀発表は現状維持だったが、現物の後場開始とともに三角保ち合いを下放れする格好で一段安。
一時安値28,910円まで突っ込みながらほぼ安値引けで終えている。

日米中銀イベント通過で干天の慈雨ともいうべき調整。
昨日の予感が現実となったが、5.23ショックと比べて出来高も背景も異なる為か、下値は限定的。
来週には米パウエルFRB議長の議会証言も控えており、もう一波乱あるか如何。
終日売りスタンスが奏功した。

本日の損益
デイ +60円(10枚)
ナイト +190円(10枚)

現在の資金
1,036,320,000円 (+2,500,000円)※手数料考慮せず

米FOMC通過 嵐の前の静寂か パウエル・ショックを回避しつつも金融政策転換へ大きく一歩前進

カテゴリ:
2021.06.16NY-265.62021.06.16NAS-33.17








6.166.16米国市場は続急落。
米FOMCの結果公表後のパウエルFRB議長の会見が始まると波乱含みの展開に。
現状維持決定としつつも2023年末までに2回の利上げを示唆。
想定より早いタカ派的内容を打ち出してきただけに、市場は一時リスクオフに傾いた。
しかし、これまで24年以降に見込まれていた利上げ観測が明確に前倒しされた格好。
今のITバブル崩壊前を彷彿とさせる状況にある中で、金融政策の正常化をより早期に実施するというメッセージはバブル崩壊を防ぐ為の大きな一歩前進ともいえようか。
テーパリングについて「議論するための議論」を今回の会合で開始したとし、既に織り込まれている将来的な利上げをオブラードに包むかのように言及するあたりは、市場との対話への慎重さがうかがえる。

2021.06.172021.06.16上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 29,018.33(-272.68)
始値 29,149.34    
高値 29,197.68
安値 29,875.39

日経225先物 終値 29,000(-250)
始値 29,150
高値 29,210
安値 28,820
出来高 31,262枚

日経平均























6.17日経平均は続急落。
先物は100円GDで始まり、間もなく棒下げ商状から急速に下げ幅を拡大。
2万9千円の大台をあっさり割り込むと、棒下げは一服するが、その後もじりじりと下値を切り下げ、一時安値28,820円まで突っ込む場面も。
しかし、午後には一転して下げ渋って推移。
引けにかけて巻き戻し騰勢となるが、結局朝方の高値には及ばず、半値戻し程度まで買い戻されるにとどまり、本日の取引を終えている。
頭と尻尾はくれてやりながらも何とか及第点。
終日短期回転が奏功。

今回の米FOMCにより量的緩和縮小方向へと明確に舵を切ったことは大きく、ネガティブサプライズになりそうなものを、パウエル・ショックは最小限に抑えられたかに見えるが、はたしてどうか。

2013年の5.23ショックの際には、千円以上の超大幅な急落があったことはまだ記憶に新しい。
思えば2013年5月23日、あの日は高値に買い上げられてからの急落という大往来で、出来高は32万枚を超えていた。
一般には当時のバーナンキFRB議長が前日の議会証言で緩和縮小を示唆したことが遠因にあるとされるが、翌朝の日本市場は朝からネガティブな反応はなくむしろ高値圏を推移していた。前日5月22日のリスクオンの余韻すらあった。
あの日の地合いをまだ鮮明に覚えているが、バーナンキ・ショックと呼ばれるものではなく、単純にアノマリーや需給要因によるところが大きい。
バーナンキ氏の発言自体でショック安になったことはなく、超大幅GDで始まることもなかった。むしろ朝高の展開だったことから、抜群のタイミングで売り仕掛けが入ったことにより、落差が際立つ特筆すべき一日となったのである。
今回のFOMCでもパウエル議長の発言自体に大きなショックはなかったものの、その先例があるだけに無事通過といえるかは、まだいささか不透明。
ジャクソンホールまでの布石を打つ過程でまだ予断は許されず、さしずめ嵐の前の静けさといったところだろうか。
できれば大いなる波乱に期待したいところだが、はてさて。

本日の損益
デイ +150円(10枚)

現在の資金
1,033,820,000円 (+1,500,000円)※手数料考慮せず

米FOMC前 戻り売り調整優勢も押し切れず膠着

カテゴリ:
2021.06.15NY-94.422021.06.15NAS-101.2







米国市場は夫々下落。

2021.06.162021.06.15上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 29,291.01(-150.29)
始値 29,306.14    
高値 29,434.10
安値 29,263.72

日経225先物 終値 29,250(-160)
始値 29,280
高値 29,400
安値 29,230
出来高 14,983枚

日経平均













6.16日経平均は反落。
先物は130円GUで始まり、序盤は買いが先行。
一時高値29,400円で頭打ちすると、戻り売り優勢の展開に。
午後には一段安し、一時安値29,230円まで下げは拡大する場面もあったが、引けにかけては下げ渋って取引を終了。
米パウエルFRB議長の会見を今晩に控え、前日の値幅を押し切れず膠着。
終日売りスタンスだったが、ほどほどで退散。

本日の損益
デイ +60円(10枚)

現在の資金
1,032,320,000円 (+600,000円)※手数料考慮せず

日経平均は続急伸 個別ではトヨタが1万円の大台を突破

カテゴリ:
2021.06.14NY-85.852021.06.14NAS+104.7








米国市場はまちまち。
ナスダックが4月以来過去最高値を更新。
S&P500は3連騰により連日で更新中。

2021.06.152021.06.15上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)休場

日経平均株価 終値 29,235.71(+279.50)
始値 29,256.03    
高値 29,480.85
安値 29,235.71

日経225先物 終値 29,410(+270)
始値 29,270
高値 29,440
安値 29,210
出来高 24,156枚

日経平均





















6.15日経平均は続急伸。
先物は90円GUで始まり、間もなく棒上げ商状から上げ幅を急速に拡大。
上海が始まるとやや伸び悩む場面もあったが、戻り売りをこなしながら、現物後場が始まると再び騰勢に転じて一段高。
しかし、一時高値29,440円で頭打ち。

7203引けにかけて断続的に上値を試すが、結局抜けきれず、ヨコヨコのまま取引を終了。
個別株で特筆すべきはトヨタ(7203)が遂に1万円の大台を突破。
米FOMC結果公表前に踏み上げ効果を期待したが、ほどほどで退散。
ジャクソンホールまでリスクセンチメントが異様な楽観に傾いているものの、何とか買いスタンスが奏功した。

本日の損益
デイ +160円(10枚)

現在の資金
1,031,720,000円 (+1,600,000円)※手数料考慮せず

G7サミット無事通過 終始小動き

カテゴリ:
2021.06.11NY+13.362021.06.11NAS+49.09







6.12米国市場は続伸。
英コーンウォールG7サミットが閉幕。
東京五輪開催のコンセンサスも得た格好か。
対中政策ではこれに先立った閣僚級会合材料も無事消化していただけに、無風通過の様相。
S&P500は連日で過去最高値を更新。ダウとナスダックは過去最高値を目前に足踏みしながらも微速前進といったところ。

2021.06.142021.06.11上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)休場

日経平均株価 終値 29,161.80(+213.07)
始値 29,153.11    
高値 29,208.35
安値 29,026.27

日経225先物 終値 29,140(+260)
始値 29,090
高値 29,170
安値 28,970
出来高 17,832枚

日経平均












6.14日経平均は反発。
先物は210円GUで始まるが、一時高値29,170円でつけた刹那、早々に頭打ち失速。
他方、下値も限定的で、序盤こそ売りが進行するが、一時安値28,970円をつけた後はで急速に
下げ渋って推移。
それでも結局朝方レンジでヨコヨコのまま取引を終了。
終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ ±0円(10枚)

現在の資金
1,030,120,000円 (±0円)※手数料考慮せず

SQ通過もなお放れず膠着続く

カテゴリ:
2021.06.10NY+19.102021.06.10NAS+108.5







米国市場は反発。
S&P500が1ヵ月ぶりに過去最高値を更新。
2021.06.112021.06.11上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 28,948.73(-9.83)
始値 29,030.04
高値 29,080.89
安値 28,839.54

日経225先物 終値 28,880(-40)
始値 28,940
高値 29,050
安値 28,780
出来高 24,905枚

SQ値 29046.40円

日経平均




















6.11日経平均は小反落。
先物は小幅安で始まり、序盤から売り買いが交錯するが、ノイズを除いてはほぼイニシャルレンジで早々に頭打ち。
早々に三角保ち合い様相を呈し膠着展開に。
売りも限定的だったものの、戻りも鈍く、2万9千円の大台維持ならず。
結局ヨコヨコのまま引けている。
終日ほぼ手控えだった。
来週は日米で中銀イベントを控える。
ジャクソンホールまではもとより再来年までの利上げまで織り込みを意識される一方で、足踏みが続いている。
ワクチン接種の進展とは裏腹に五輪モードにもチェンジできない中、新たなる潮流に期待したいところだが、はてさて。

本日の損益
デイ +150円(10枚)

現在の資金
1,030,120,000円 (+1,500,000円)※手数料考慮せず

SQ前 戻り待ちの持ち高調整も限定的

カテゴリ:
2021.06.09NY-152.62021.06.09NAS-13.16







米国市場は夫々下落。
ナスダックが3日ぶりに一服。
2021.06.102021.06.10上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 28,958.56(+97.76)
始値 28,799.74
高値 29,007.53
安値 28,799.74

日経225先物 終値 28,980(+140) 6月限
始値 28,850
高値 29,020
安値 28,790
出来高 17,110枚

日経225先物 終値 28,920(+130) 9月限
始値 28,800
高値 28,970
安値 28,740
出来高 27,807枚

日経平均



















6.10日経平均は反発。
先物は小幅高で始まり、序盤こそ棒下げ商状から上げ幅を拡大するが、一時高値29,020円をつけた刹那、失速。
2万9千円の大台を何度か試すが抜けられずに頭打ちとなると極狭いレンジで膠着展開に。
それでも戻り売りも限定的で、終始底堅く推移。
結局高値揉み合いのまま、本日の高値圏を維持して取引を終了。
メジャーSQ前日。
終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ +70円(10枚)

現在の資金
1,028,620,000円 (+700,000円)※手数料考慮せず

SQ週の水曜日 日経平均は2万9千円前に終日狭いレンジで膠着

カテゴリ:
2021.06.08NY-30.422021.06.08NAS+43.19







米国市場はまちまち。
2021.06.092021.06.09上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 28,860.80(-102.76)
始値 28,901.56
高値 28,932.03
安値 28,801.83

日経225先物 終値 28,840(-220)
始値 28,970
高値 29,000
安値 28,840
出来高 42,438枚

日経平均


















6.9日経平均は続落。
先物は90円GDで始まり、売りが先行。
一時安値28,840円まで下げ幅を縮小するが、上海開場とともに持ち直すと、午後には巻き戻し騰勢の展開に。
しかし、戻りも限定的で、半値戻し水準で失速し、結局引けにかけては売り直され、朝方の安値に顔合わせ引けピンで終えている。
午後の値幅は僅かに90円幅。狭いレンジで終日膠着した。
売り崩しに期待したが、あっさり踏まれて早々に退散。

本日の損益
デイ -10円(10枚)

現在の資金
1,027,920,000円 (-100,000円)※手数料考慮せず

SQ週で売り買い交錯 前日安値に顔合わせする一進一退

カテゴリ:
2021.06.07NY-126.12021.06.07NAS+67.23







米国市場は反落。
2021.06.082021.06.08上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 28,963.56(-55.68)
始値 29,046.03
高値 29,140.68
安値 28,897.64

日経225先物 終値 29,060(+40)
始値 29,140
高値 29,210
安値 28,950
出来高 62,845枚

日経平均

















6.8日経平均は指数が小反落。
先物は小幅に続伸した。
210円GUで始まり、序盤は戻り売りが一巡すると上値を試す展開となるが、一時高値29,210円で頭打ち失速。
上海開場とともに上げ幅を急速に縮小すると、午後には一段安。
前日安値と同じく一時安値28,950円まで突っ込む場面もあったが、引けにかけては下げ渋って取引を終了。
終日短期回転が奏功。

本日の損益
デイ +160円(20枚)増し玉合算

現在の資金
1,028,020,000円 (+3,200,000円)※手数料考慮せず

SQ週序盤は吹き値売り先行 2万9千円台を挟んで値固めか

カテゴリ:
2021.06.04NY+179.32021.06.04NAS+199.9







米国市場は反発。
2021.06.072021.06.07上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 29,019.24(+77.72)
始値 29,214.00
高値 29,241.20
安値 28,973.05

日経225先物 終値 29,020(+90)
始値 29,230
高値 29,280
安値 28,950
出来高 49,854枚

日経平均

















6.7日経平均は反発。
先物は300円GUで始まり、序盤は売りが先行。
上海開場とともに一段安し、一時安値28,950円まで突っ込む場面もあったが、午後には下げ渋って推移。
しかし、現物後場が始まると結局売り直され、本日の安値圏で取引を終了。
SQ週、吹き値売りにポジション調整優勢の展開にあっさい振り落とされ早々に退散。

本日の損益
デイ -30円(10枚)

現在の資金
1,024,820,000円 (-300,000円)※手数料考慮せず

米雇用統計前にも小荒く寧日なし 絶好のデイトレ日和続く 統計通過でひとまずは小康を得た格好か

カテゴリ:
2021.06.03NY-23.342021.06.03NAS-141.8







米国市場は反落。
ハイテク株が特に軟調だった。
インフレ懸念も長期金利高止まり、緩和縮小への織り込みとともに思惑が交錯し、アフターコロナへの見方で明暗分かれる。
2021.06.042021.06.04上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 28,941.52(-116.59)
始値 28,901.42
高値 28,991.24
安値 28,764.68

日経225先物 終値 28,930(-140)
始値 28,930
高値 29,000
安値 28,760
出来高 30,503枚

日経平均
















6.4日経平均は反落。
先物は前日と同幅安。
140円GDで始まり、序盤は売り買いが交錯しながら戻り売り優勢だったが、下値は限定的。
想定通りの押し目となった一時安値28,760円まで突っ込んだ後は、巻き戻し優勢の展開に。
上海開場とともに下げ渋って推移し、下げ幅を縮小。
現物の後場開始直後には一段高し、一時高値29,000円をつけるが、その刹那、失速。
午後も上値を試すが、大台前で逡巡し足踏みを続けた。
それでも終始底堅く推移し、結局本日の高値圏を維持して終えている。
模様眺めムードだったものの、朝から小荒くよく動く。
終日短期回転が奏功した。
リスクテイクをほどほどに、下手ながら何とか及第点。

ナイトに入っては米雇用統計を無事通過し、小康を得た格好か。
アフターコロナに向けて材料は事欠かず寧日なし。
ジャクソンホールまで、もう波乱に期待したいところだが、はてさて。


本日の損益
デイ +110円(10枚)
ナイト +50円(10枚)

現在の資金
1,025,120,000円 (+1,600,000円)※手数料考慮せず

日経平均はイニシャルレンジだけの騰勢で早々に一服 2万9千円台を値固めも午後は閑散小動き

カテゴリ:
2021.06.02NY+25.072021.06.02NAS+19.85







米国市場は夫々上昇。
2021.06.032021.06.03上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 29,058.11(+111.97)
始値 28,890.39
高値 29,157.16
安値 28,879.15

日経225先物 終値 29,070(+140)
始値 28,870
高値 29,150
安値 28,860
出来高 22,199枚

日経平均















6.3日経平均は続伸。
先物は小幅安で始まるが、棒上げ商状からすぐにプラスに転じると上げ幅を急速に拡大した。
しかし、2万9千円を回復後は伸び悩み、一時高値29,150円をつけた刹那、失速。
週末に米雇用統計を控えており、米株先の膠着も相まって騰勢はわずか15分で失速。
午後にかけては戻り売り優勢の展開に。
一時は半値押しまで調整が入る場面もあったが、引けにかけては下げ渋って推移。
結局本日の高値圏を維持して取引を終了。
イニシャルレンジだけで本日の高安幅と大半の商いを占めるパターンであっさり退散。
終日買いスタンスだったが、短期回転が奏功した。

本日の損益
デイ +210円(10枚)

現在の資金
1,023,520,000円 (+2,100,000円)※手数料考慮せず

日経平均は巻き戻し騰勢となるも2万9千円で頭打ち

カテゴリ:
2021.06.01NY+45.862021.06.01NAS-12.26








米国市場はまちまち。
2021.06.022021.06.02上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 28,565.83(+131.80)
始値 28,730.81
高値 29,003.55
安値 28,565.83

日経225先物 終値 28,930(+170)
始値 28,730
高値 29,020
安値 28,560
出来高 28,881枚

日経平均














6.2日経平均は3日ぶりに反発。
先物は小幅安で始まり、序盤こそ売りが先行するが、一時安値28,560円まで突っ込んだ後は急速に切り返す展開に。
しかし巻き戻し騰勢も限定的で、午後に一時高値29,020円で頭打ちし、失速。
引けにかけては伸び悩んで推移。
それでも結局本日の高値圏を維持して取引を終了。
終日短期回転が奏功。

本日の損益
デイ +180円(10枚)

現在の資金
1,021,420,000円 (+1,800,000円)※手数料考慮せず

日経平均は突っ込み安から半値戻しの往来で格好のデイトレ日和に

カテゴリ:
米国市場はメモリアルデーで休場。
2021.06.012021.06.01上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 28,814.34(-45.74)
始値 28,998.65
高値 29,075.47
安値 28,611.25

日経225先物 終値 28,760(-210)
始値 29,010
高値 29,090
安値 28,770
出来高 31,355枚

日経平均













6.1日経平均は続落。
先物は小幅高で始まるが、間もなくマイナスに転じると棒下げ商状から下げ幅を急速に拡大。
上海開場直後には一時安値28,770円まで突っ込む場面もあったが、午後には下げ渋って推移。
上海後場前には半値戻しまで下げ幅を縮小するが、結局押し戻されヨコヨコで引けている。
朝方の売り崩しは天晴れ。
突っ込み安から半値戻しの往来相場でまさに格好のデイトレ日和。
売り崩しに期待したが、あっさり巻き戻されほどほどで退散。

本日の損益
デイ +190円(20枚)増し玉合算

現在の資金
1,019,620,000円 (+3,800,000円)※手数料考慮せず

このページのトップヘ

見出し画像
×