カテゴリ:
2022.05.19NY-236.92022.05.19NAS-29.66







米国市場は続急落。
ダウが連日の年初来安値更新



2022.05.202022.05.20上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 26,739.03(+336.19)
始値 26,448.23
高値 26,769.20
安値 26,426.99

日経225先物 終値 26,770(+400)
始値 26,460
高値 26,770
安値 26,410
出来高 44,042枚

日経平均





































5.20日経平均は急反発。
先物の寄り付き前発表のコアCPIは前年比で2.1%を記録。
目下の資源高を背景に予想はされていながらも2%を突破。
2015年3月の2%超え以来だが、消費増税の影響を除けば、事実上2008年9月以来となる。

5.20日銀の物価目標の水準に遂に到達した格好だが、殊更に黒田総裁は2%を一時的に超えることが想定されながらも持続的安定的なインフレでなく、エネルギー価格上昇要因がなくなれば元鞘だとの見方なのだろう。
依然として緩和継続を強調してきただけに、市場は反応薄。
先物は寄り付きこそ気配が急変するも90円GUで落ち着き、直後から失速。
大きな動揺もなくスルーの展開に。
むしろ中国の利下げが伝わると上海開場とともに急速に上げ幅を拡大。
午後には伸び悩む場面もあったが、引けにかけてじりじりと上値を刻み上げながら終始堅調に推移。
結局26,770円高値引けで終えている。
踏み上げ効果に期待したが、あっさり振り落とされて早々に退散。
来週は日米クアッド首脳会談、米FOMC議事録発表を控えるが、新たなる潮流に期待したい。

本日の損益
デイ -30円(10枚)
ナイト +20円(10枚)

現在の資金
1,333,420,000円 (-100,000円)※手数料考慮せず

このページのトップヘ

見出し画像
×