カテゴリ:
2022.06.15NY+303.72022.06.15NAS+270.8






6.156.15






6.156.15米国市場は夫々上昇。
ダウは6日ぶりの自律反発。
米FOMC通過。2日前にWSJ紙にリークされていたことからかショックは限定的。
FRBは0.75%の追加利上げを決定。1994年以来、27年半ぶりの大幅利上げ。
FRBパウエル議長は会見で、7月にも50か75ベーシスの利上げを示唆。
2020年のコロナショックからの怒涛の利下げ、金融緩和を思えば、この程度の巻き戻しは仕方がないのだろう。

2022.06.162022.06.16上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 26,431.20(+105.04)
始値 26,715.52
高値 26,947.70
安値 26,431.20

日経225先物 終値 26,430(+150)
始値 26,750
高値 26,900
安値 26,380
出来高 54,063枚

日経平均




















































6.16日経平均は続急落。
先物は470円GUで始まるり、序盤こそ巻き戻し優勢だったが、一時高値26,900円で失速頭打ち。
上値追いは早々に一服し、上海開場とともに、いってこいの展開に。
あっさり朝方の安値を割り込むと、急速に上げ幅を縮小。
中盤下げ渋る場面もあったが、午後には売り直されて引けにかけて一段安。
一時安値26,380円まで突っ込みながら本日の安値圏で終えている。

英中銀、スイス中銀も雪崩の如く緩和脱却に舵を切り、ナイト早々の梯子外しには、異様な底堅さに辟易していただけに、まさに溜飲が下がる思いに。
手薬煉引いて待っていた甲斐があったいうもので、頭と尻尾はくれてやりながらも、終日売りスタンスが奏功。

明日は日銀金融政策決定会合の結果発表を控える。
日米金利差が拡大する中、13日に続いての更に日銀買いも観測されるほどに、頑なに政策維持を続ける日銀。
ようやくワクチンラリー前に戻っただけであり、バブル調整は道半ば。セリングクライマックスには程遠く、もう一波乱に期待したい。

本日の損益
デイ +170円(10枚)
ナイト +120円(10枚)増し玉合算

現在の資金
1,355,120,000円 (+1,900,000円)※手数料考慮せず

このページのトップヘ

見出し画像
×