カテゴリ:
2022.08.01NY-46.732022.08.01NAS-21.71







米国市場は4日ぶりに小反落。
米中首脳の電話会談はスルーの様相だった市場も、地政学的リスクにはさすがに過敏。
有事にかこつけてバカンス入り前のポジション調整も相まってかリスクオフの展開に。
米ペロシ下院議長がアジア歴訪中に台湾へ電撃訪問する可能性が取り沙汰されると、蜂の巣を叩いたかの様相に。
中国も軍事行動を辞さない構えで強く牽制する格好に。


2022.08.022022.08.02上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 27,594.73(-398.62)
始値 27,812.48
高値 27,830.58
安値 27,530.60

日経225先物 終値 27,670(-330)
始値 27,850
高値 27,860
安値 27,510
出来高 41,787枚

日経平均
































8.2日経平均は急反落。

円高も相まって日本開場後は売り先行
キューバ危機さながらの緊迫感の中、日本は対岸の火事とばかりに朝方のセンチメントは平穏。
しかし、外国人が売り始めると一斉リスクオフに。
先物は80円GDで始まり、間もなく棒下げ商状から下げ幅を急速に拡大。
それでも下値は限定的で、一時安値27,730円で踏み止まると、中終盤はヨコヨコの展開に。
結局引けにかけては押し切れないまま取引を終了。
終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ +80円(10枚)

現在の資金
1,394,720,000円 (+800,000円)※手数料考慮せず