カテゴリ:
2022.08.02NY-402.22022.08.02NAS-20.22



8.28.2

米国市場は続急落。
ダウが400ドル超安。他方で、ナスダックは小幅安と明暗分かれる。
前日の米ペロシ下院議長の電撃訪台が現実となりながらも、米中が直ちに衝突する事態からは小康を得た格好に。
ロシアによるウクライナ侵攻から僅か5ヵ月余り。戦火は米中、そして日本を含めた東アジアに飛び火するのか。
中国は軍事演習を開始し、ロシアも中国の主権侵害として批難するなど、まさに一触即発の事態に。

互いのイデオロギーや国体に触れれば戦争は現実のものとなることは歴史が証明している。
しかし、領土問題はこれまで外交的に棚上げされ、結果的に戦争を回避してきた例が多い。
議長の訪台だけで済めば、領土問題にとどまる。
そういう面から言えば、トランプ前大統領時代の北朝鮮の方が、ある意味苛烈だったと言えようか。

ここまでで収束すれば、かつてのキューバ危機のように第三次世界大戦の危機を未然に防いだ歴史的事件として後世に伝えられるのかもしれない。


2022.08.032022.08.03上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 27,741.90(+147.17)
始値 27,673.00
高値 27,837.63
安値 27,634.65

日経225先物 終値 27,710(+40)
始値 27,740
高値 27,820
安値 27,610
出来高 37,117枚


日経平均

































8.3日経平均は小反発。
指数はプラスだが値下がり銘柄数が多い。
先物は小幅高で始まり、寄り付き直後は売り買いが交錯。
一時高値27,820円から一時安値27,610円まで突っ込んだ後は小動きに転じ、三角保ち合いの様相を呈していたが、結局どちらに放れることもなくヨコヨコのまま引けている。
終日様子見ムードでイニシャルレンジで早々に膠着。
備えあれば患いなしとはよく言ったもので、嵐の前の静寂か、手薬煉引いてもう一波乱に期待したいところ。

本日の損益
デイ ±0円(10枚)

現在の資金
1,394,720,000円 (±0円)※手数料考慮せず