カテゴリ:
2023.06.26NY-12.722023.06.26NAS-156.7







米国市場は反発


2023.06.272023.06.27上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)休場

日経平均株価 終値 32,538.33(-160.48)
始値 32,629.96
高値 32,689.10
安値 32,306.99

日経225先物 終値 32,570(-80)
始値 32,500
高値 32,630
安値 32,250
出来高 47,416枚





日経平均























































6.27日経平均は続落。
先物は150円GDで始まり、序盤こそ買いが先行するが、一時高値32,630円で高止まり。
間もなく棒下げ商状から上げ幅を急速に縮小。
一時安値32,250円まで突っ込む場面もあったが、上海開場とともに切り返す展開に。
中盤までは下げ渋りにとどまっていたものの、終盤は引けにかけて戻りを試す場面も。
結局、朝方の高値水準には及ばなかったものの、本日の高値圏を維持して取引を終了。
欧米の利下げ期待がすっかり後退。
ECBフォーラムを控え、主要中銀トップの発言が注目される。
4月以来、日経平均は実に約5千円高の怒涛の騰勢が続いており、さしずめババ抜き相場の様相を呈していたが、ここにきて利益確定売りの格好の口実に。
先の英中銀の予想外の利上げなど、欧州中銀のタカ派的姿勢も相まって、ジャクソンホール並みに格好のイベントドリブンとなるのか、今年のシントラ会議前はいつにもないテンションも。
終日短期回転が奏功。

本日の損益
デイ +290円(10枚)

現在の資金
1,685,820,000円 (+2,900,000円)※手数料考慮せず